アフィン変換 opencv

アフィン変換とは画像を回転させたり、拡大縮小させたり、平行移動をまとめて3✖️3の行列を使って変換することをアフィン変換という。

opencvのcv2.getRotaionMatrix2D()ではアフィン変換に使用する、画像の回転に必要なアフィン行列を作成している。引数には(画像の中心の座標,回転させたい角度,拡大比率)を指定する。

cv2.getRotationMatrix2D()で作成したアフィン行列をアフィン変換するのが、cv2.warpAffine(元画像, アフィン変換行列, ピクセルサイズ)。

これらを行うことで画像の回転や、拡大縮小などの処理を画像に加えることができる。